銀次郎の大好き...銀次郎の日々の泡...
銀次郎の色気より食い気...綴っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - - -
    + 鉄

     

    生活音がする空間の

    愛しさと切なさと心強さと〜♪(笑)

     

     

     

     

    と暮らし始めて1年になりました。

    『ただいま!』と言える幸せ。

     

     

     

     

    ちっちゃいちっちゃい体だった小鉄も今じゃ、こう。

    でっぷりして、そりゃもう、超生意気で、いつもふてぶてしいです。

    だいたい『で?』『だから?』って顔。

    ふてぶてしいところ、たまらんちん!(笑)

     

    わたしは、小鉄にいつも救われています。

    そばにいてくれるだけで、こんなにも強い安心感を得れるなんて。

    小鉄、これからもよろしく頼むよ!

     

    母が亡くなった昨年6月に生まれた小鉄。

    小鉄の目元や、寝相に、ちょっぴりお母さんを想います。

    お母さんは、あまり動物好きじゃなかったので

    『猫ちゃんに、わたしを重ねてくれるな!!』と怒っているだろな(笑)

     

    お母さん、元気??

    大好きだった千代の富士には会えた??

    0
      日々の泡 comments(0) trackbacks(0)
      + 髪

      OLYMPUS XA2

       

      先日、職場の上司と他愛もない話から、

      私が幼少期に母からとても怒られた出来事の話になった。

       

      忘れもしないひろみちゃんという近所の子と、

      【散屋さんごっこ(本気のやつ)】を、してめちゃくちゃ怒られたのだ。

      【散髪屋さんごっこ(本気のやつ)】

      そう、本気のやつ・・・本当にハサミで切り合いっこをしたのだ。

      次の日は、お歌の発表会。

      ひろみちゃんと私は、そりゃもう無残なザンギリ頭で歌ったのだ。

      この話は、わたしの鉄板ネタなので、

      いつものように、

      『本当にめっちゃ怒られたー。発表会、お母さん、めっちゃ恥ずかしかったやろなぁ。』

      と、笑いながら話すと、

      上司に『お母さんは、明日、発表会なのに!どうするの?恥ずかしい!って怒ったんじゃないで?

      ハサミ!!!危ないから、めっちゃ怒ったんやで??お母さんの愛やで??』と、言われた。

       

      泣きそうになってしまった。

       

      お母さんは娘のザンギリ頭が恥ずかしいから、あんなに怒ったんだと思っていた。

      ずっと、そう思っていた。

       

      わたし、本当に、バカだな。

       

      いつも、わたしは、こうやって、格好ばかりなのだ。

      かっこいいことばかりを考えているのだ。

      ホント、バカ!

       

      っていう、恥ずかしい大人の話(泣)

       

       

      0
        日々の泡 comments(0) trackbacks(0)
        + 盆

         

         

         

        おかえり!!

        お正月とおにしか会えないの、くやしいな。

        いや、丁度いいか。(笑)

         

        次の日、キャンプに行く予定の友人も、

        まだ小さいお子がいる友人も、

        あと1時間だけ、あと1時間だけ、と言いながら

        結局、帰宅は真夜中。

        いつものこと。

        いつものとてもうれしい流れ。

         

         

         

         

        わたしが、わたしに最も近づく日。

        それは、年に2度だけ。

         

         

        0
          ペロンチョの会 comments(0) trackbacks(0)
          + 笑

          ゴブサターン!(死語)

          こんにちは。

          約1年放置していましたが、

          わたしは、やはりココをどんなSNSよりも大切に思っていますので

          少しづつ、日々の他愛もない日常を、綴っていこうと思います。

          続けるってカッコイイもんね。

           

          この1年の間に、猫と暮らし始めたり(意外でしょ?)

          その猫が骨折したり、

          13年勤めた会社から転職したり、

          引っ越ししたり、

          ずっと使い続けていた資生堂の化粧品をシャネルにチェンジしたり、

          いよいよ、耳の上に白ヘビ(白髪)をチラチラ見かけるようになったり、

          11時にはキッチリ眠くなるシステムになってしまったり、

          お母さんを想って半べそになったり、

          でも、相変わらず、甥っ子は最高にかわいいし、

          めまぐるしい変化の中、

          やさしい家族と、めっちゃおもろい多才な友人に囲まれて

          てんやわんや、なんやかんや、って暮らしております。

           

          ひとまず、フィルム写真は撮り続けていて、

          少しづつTumblrの方にUPしていますので

          見ていただきたいです。

          http://kazzgin.tumblr.com/

           

          よろしくお願いいたします。

           

           

          photo by ao* thanks!!

           

          0
            お写真 comments(0) trackbacks(0)
            + 新

              


             妹・金ちゃんのご主人がお誕生日に

            洒落たトースターをプレゼントしてくれました。

            十数年ぶりの新しいトースター!

            いつも通り、4分の設定!!

            新しいトースター!進化し続ける電化製品!!

            なめてた。

            パンがこんなことに・・・。

            エロスすら感じるこのパンを目の前に、しばらく動けなかったです。
             

               
             

             
             

             
             

            心のこもったプレゼントを沢山いただきました。
            感激です。
            今年も自慢させてくださいね。
             

            綾からの、熊さんのトート(ずっと欲しかったやつ)

            あやちゃんからの、サーモスのスープジャー&スプーンセット(ずっと欲しかったやつ)

            ショーコとヨースケからの、スペシャルキツネさん&リップクリーム(ずっと欲しかったやつ)

            みわちゃんからの、手のひらサイズのかわいいお裁縫箱(ずっと欲しかったやつ)

            キミカ&まにゃんからの、紫陽花ドライフラワー&おいしいものクラウドナインセット
            (ずっと欲しかったやつ)

            ノリコからの、クチポールのカトラリー(ずっと欲しかったやつ)

            院長夫人からの、マリメッコのエプロン&カッティングボード(ずっと欲しかったやつ)

            やんやん&なおちゃんからの、野田琺瑯ミルクパン(ずっと欲しかったやつ)

            さっちゃんからの高級靴下(ずっと欲しかったやつ)

            妹のご主人からの、±0のトースター(ずっと欲しかったやつ)

            妹からの、L.L.Beanのトート(ずっと欲しかったやつ)

            後輩からの、手作りプリンや紅茶セット、マグ、トートなどなど雑貨いっぱい
            (ずっと欲しかったやつ)
             

            本当にありがとうございます!

            大切にします。

            0
              日々の泡 comments(0) trackbacks(0)
              + 母


              ご無沙汰しております。お銀です。
              もう、すっかり秋の風ですね。
              私の夏は、長かった。
              いや、短かった。
              いや、あまり憶えていない。

               7月12日、38歳になりました。

              こんなにもどうでもいい誕生日は38年間で初めてでした。

              毎年、必ず私のお誕生日には、スイカを買ってくれたおさん。

              反抗期の時期も、家族よりも恋人を優先した20代も、三十路を迎えても、

              必ず毎年お誕生日には、冷蔵庫にスイカが入っていました。

              お母さんが買ってくれるスイカは、いつも甘くておいしかった。

              なのに、今年はお母さんがスイカを買ってくれなかった。

              お母さんが、スイカを買ってくれない誕生日なんてどうでも良かった。


              母が、6月1日に亡くなりました。

              3カ月が過ぎ、母のことを、ここでこうして綴るか否か悩みましたが、

              わたしは、このblogをどんなSNSよりも大切にしていて、特別に思っているので、

              今の想いを書き留めておくことにします。


              写真を撮られることが大の苦手だった母が、

              ここ数年は私がカメラを向けても、嫌がることはなく、

              むしろ笑顔でしっかりカメラを見るようになりました。

              そのたびに、わたしは少し切なかった。

              残そうとしている。

              お母さんは、『今』を『自分』を残そうとしている。

              それが嫌というほど伝わってきました。


              長い闘病生活。

              本当によく頑張った。

              痛い、しんどい、を極力口にしなかったお母さん。

              しんどい時はしんどいと言ってほしい、そう思いつつも、

              お母さんがしんどそうにしているのは気に入らなかった私。

              いつも強いお母さんの弱いところは見たくなかった。

              いつも凛としていて欲しかった。

              私自身、不安になるのが怖かったから。

              私自身、いつも、安心していたかったから。

              なんて勝手な娘なんだろう。

              自分のことばかり。

              お母さん、私は、いい娘じゃなかったよね。

              20代は、ほとんど家にいることはなく、寂しい想いをいっぱいさせたし、

              生意気ばかり言ったし、うそばかりついた。

              私はお母さんに花嫁姿を見せてあげることはできなかったけれど、

              その分、妹よりも遥かにお母さんと沢山いっしょに過ごすことができた。

              とても良かったと思っているよ。

              花嫁姿と孫の顔は妹がしっかり担当してくれたもの。

              わたしね、20代のころの挽回を!と、必死だったよ、お母さん。

              でもやっぱり、まだまだ足りなくて、

              未だに、『ごめんね』しか出てこなくて、ごめんね。

              妹は、大きな声で『ありがとう!』って言ってたな。

              ごめんね、お母さん。

               

              どうでも良いお誕生日ではありましたが、

              ありがたいことに、

              母とスイカの、このエピソードを知っている友人や後輩からスイカを沢山頂いたお誕生日でした。

              『京子に頼まれたから!』と暑い中、大きなスイカを抱えて持ってきてくれました。

              泣いちゃうね。

              とにかくスイカまみれの夏!

              スイカばっかり食べて過ごしました。

              ありがとう!!

                

              スグにお花とお供えを送ってくれた遠くの友人、

              お母さんに会いにいくよ、と言ってくれた遠くの友人、

              少し落ち着いたら一緒に旅に出よう!そう提案してくれた友人、

              わたしの顔を早く見てホッとしたいよ、と言ってくれた友人、

              悔しい思いをいっぱいしたであろう母を想い号泣で電話をくれた友人、

              『ごはん食べた??』恋人みたいなメールを数日おきにくれる友人、

              愛車で会いにいくよ!と言ってくれた遠くの友人、

              おいしいあったかいごはんを何度も食べに連れて行ってくれる上司、

              かわいい笑顔で癒してくれる後輩、

              ほんの数人の友人にしか報告をしなかったのですが、

              わたしはひとりじゃないんだと改めて感じた3カ月間でした。
               

              そして、なにより、妹と、妹のご主人、甥っ子、そして妹のご主人の家族、母の姉妹には

              感謝しきれないほどの愛を沢山いただきました。

              何も分からない頼りない喪主(わたし)を支えてくれました。

              助けてくれました。

              妹とは、お決まりの喧嘩もちょいちょい挟みながら、

              力を合わせて、がんばりました。

              これからも、がんばるのです。

              お母さんがスグそばで見ていてくれているので大丈夫なのです。

              もう恐いものは、なーんにもないのです。
              私は、無敵にになったのです。

              お母さん、よろしく頼んだよ!!
              頼んだからね!!

              0
                日々の泡 comments(2) trackbacks(0)
                + 旅

                するアクリュ in KANAZAWA
                アクリュ招待作家15名写真展 『 人と… 』
                2015.5.3(sun) - 5.10(sun)
                at : TORUTOCO
                 
                そうそうたる顔ぶれの写真家メンバーに、
                こそっと混ぜて頂いて
                こそこそ展示させていただきます。
                (隠しきれない緊張)
                ご招待いただいて本当にうれしいです!ありがとうございます!!

                【 出展作家 】
                長能豊一 (TORUTOCO 社長!!)
                濱田英明
                清島新
                久保和範
                額賀順子
                佐々木和恵

                (お名前クリックしますと、写真家のサイトへビューンです!!)
                 
                詳細はコチラAcruさんのサイトにて → http://acru.jp/tabisuru/index.html
                よろしくお願いいたします。

                佐々木和恵

                 
                 
                0
                  お写真 comments(0) trackbacks(0)
                  + パ

                   
                   

                   少し前に、ペリカンのンをお取り寄せ。

                  相変わらず、みちみちしてる食パン。

                  頬張る度に、ニヤリしちゃいます。

                  ロールパンも安定のおいしさ。

                  今回はタマゴをたっぷりサンドしていただきました。

                    


                  それは、そうと、妹・金次郎の作るパンが、

                  まぁまぁおいしいことをご存知だろうか。

                  うそうそ、めっちゃおいしいのです!

                  お嫁に行く前に、パン教室に通っており、なかなかの腕前。

                  金ちゃんの食パンは、サクサクでもちもち!!

                  なんにもつけなくてもおいしいよ。

                  (と、ちょっと、ベタボメで〆ておきます。次のあん食、調理パンに繋げたいので・・・笑)



                  そして、わたしは土鍋でごはんを炊くようになりました。

                  炊飯器よりおしい!!(気がする)

                  0
                    食い気 comments(0) trackbacks(0)
                    + 甥



                    もうね、っ子がかわいくて仕方ないです。

                    いやぁ、本当にめっちゃかわいいです。

                    いや、お目目はたれてるし、ぶりぶりとしたお口だし、
                    いつも腕に輪ゴム、頭は一部ハゲ散らかしてるし、
                    なんちゅうこたないたれ目ボーイなんですけどね(笑)


                    まぁ、叔母バカが言い直すと、
                    やさしいお目目、ぷりっとしたお口、

                    ムチムチクリームパンのようなお手手、薄毛もかわい!
                    これは末恐ろしいたれ目ボーイやで!

                    と、こうなるわけですよ!(笑)

                     
                     

                    よく笑います。
                    銀おばちゃんが大好きのようです!(言わせてね。)

                    こそこそ、指しゃぶりを覚えました。
                    指しゃぶりをしてると、ママ(金ちゃん)に、コラコラと言われるので、
                    お布団で少し隠れて指をくわえるようになりました。

                    んは。
                    かわいい!知恵がついてきてる!!
                    これは、末恐ろしい天才やで!!(言わせてね。)

                    金ちゃんが、『かわいいなぁ、ホンマにかわいいなぁ!』と

                    親バカ全開で我が子をあやす姿を見ていると

                    わたしもきっと、こんな風にして

                    大きくしてもらったんだろうな、と母を想い、胸が熱くなります。



                    右下のオオカミさんのコップとお皿は
                    甥っ子が、我が家に遊びに来た時用に購入しました。
                    かわいい!!
                    おいしいクッキーを、
                    おいしいオレンジジュースを、入れてあげよう。

                    0
                      大好き comments(0) trackbacks(0)
                      + シ
                      イラストレーターであり、ママであり、大人の女性であり、かわいい女の子!
                      わたしの友だち・ワダョウコ!
                      我らがワダショウコ!が、今月15日発売のtocotoco vol.30にドカーンと掲載されています。

                      ショウコの愛娘・花ちゃんといっしょにドカーンです。
                      ( ワダショウコ H.P → → → http://www.shokowada.com/ )

                       
                       

                      赤いものを見ると、ショウコが頭をよぎる。
                      赤やピンクがとてもよく似合うショウコ。
                      やさしくて強いインパクトある赤は、ショウコそのものです。
                      それが、よく分かるページです。
                      ショウコの大切にしているもの一挙大公開ですよ!!


                      皆さんも是非手に取ってみてください。

                      ただ、ワダショウコ効果による売り切れご免やで!

                      実際、わたしの地元の一番大きな本屋さんでは、
                      発売日当日、売り切れ(泣)
                      翌日、二番目に大きな本屋さんで、かろうじてGET!!
                      3冊しか残っていなかったよ!
                      内、2冊は、お銀が買い占めましたので、あしからず!!

                      とにかく、急いでね。
                      そこんとこ、よろしく!!


                      Contax Aria
                      『 赤い靴下 』
                      花とショウコ

                       
                      0
                        大好き comments(0) trackbacks(0)
                        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Profile
                        Links
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        ANIMATIONS LIVE!
                        ANIMATIONS LIVE! (JUGEMレビュー »)
                        アニメーションズ
                        Recommend
                        CALLING
                        CALLING (JUGEMレビュー »)
                        あらかじめ決められた恋人たちへ
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Cinema Table シネマテーブル[映画の中のレシピ]
                        Cinema Table シネマテーブル[映画の中のレシピ] (JUGEMレビュー »)
                        高橋 ヨーコ(写真),岡尾 美代子(スタイリング),馬詰 佳香(フードディレクション),井上 庸子(ブックデザイン)
                        Recommend
                        Recommend
                        maruyanma
                        よっちゃんLOVE
                        maruyanma               個展 『みつからない いきもの』
                        Mobile
                        qrcode
                        Sponsored Links